日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【ZARAで購入した黒のワンピースから悪臭が…】裾に縫い込まれていた信じられないモノとは?(画像あり)

驚き

【ZARAで購入した黒のワンピースから悪臭が…】裾に縫い込まれていた信じられないモノとは?(画像あり)
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

アパレル界の巨人、ZARAが、とんでもない「宝石」付きのワンピースを売り出したようだとニュースになっています。
ZARAで購入したワンピースにネズミの死骸が縫いこまれていたそうです。それも悪臭を放っていたとのことです。

フィーセルさんの悲劇

米国コネチカット州に在住しているケイリー・フィーセルさん(24)は、今年7月、グリニッジのZARAのショップで黒いワンピースを買い求めました。トルコ製の黒いワンピースです。買ってからは、当面の間クロゼットに保管し、1ヶ月後の8月に初めて身に付けて出勤しました。
 
働いている間、フィーセルさんは鼻をつく悪臭に気がつきます。デスクから離れても、会社内を歩き回っても発生源のわからずその臭いに、彼女は悩まされていました。

それと同時に、フィーセルさんは、脚に何かがあたるような感覚を感じていました。不審に思ってワンピースの足元の糸でもほつれたのかと思い、ワンピースの裾に手を伸ばしてみると、何か固形物の変わった膨らみが見られることに気が付いたのです。直にチェックしてみると、

なんと、ワンピースの縫い目が裂けたところから小さい動物らしきものの脚が飛び出ているではありませんか!

そう簡単には信じがたいのですが、一匹のネズミの死骸が、縫い込まれていたのでした。

裁判所に提出されたワンピースの写真 New York Daily Newsより

フィーセルさんはすぐに病院に駆け込み、診察してもらいました。
その結果、ネズミなどの齧歯類動物が媒介する感染症で発疹が出ていることがわかりました。

フィーセルさんは、ニューヨーク・ポスト紙に対し、次のようにその衝撃を語っています。
「縫い目を見てみたら、ほつれた糸でも防犯タグでもなく、ネズミだったんです。恐怖で固まってしまいました。完全にショック状態でした。それがネズミだと目では認識していましたが、頭では認めたくなかったんです」

彼女はZARAに対し損害賠償を求めて提訴しました。ワンピースは40ドル(日本円で約4300円)でしたが、ネズミの死骸を発見したことによる精神的苦痛と湿疹をわずらったことのほうが大きいと語っています。
 
ZARAの広報は、「今回の訴訟を認識しています。現在、詳しい調査中です」とコメントしています。

管理人コメント

買ってから1ヶ月クローゼットにしまってあったのですから、ネズミの死骸もさぞ腐っていたことでしょうが、着る前になぜ、悪臭に気がつかなかったのか不思議ですね。

MINEインフルエンサーが巡る!ZARAパーソナルスタイリングサービスとは【 DRESS編】

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

暇つぶしアプリランド